不安ビジネスにご注意を

毛髪を調べることによって、内部被曝の状況やがんや心の悩みもわかるという「詐欺」が横行している。

髪の毛で内部被曝を調べる

人の弱みにつけ込む、不安を煽り藁をもつかみたいという心理を利用して「金儲け」を企む輩は古今東西後を絶たない。
冷静に、ちょっと考えればわかることなのに・・・と言うのはたやすいが、現場で当事者となるとそうもいかないのだろうか。

オレオレ詐欺被害、3年ぶり100億円超になどという記事を読むと、暗澹たる気持ちになる。

「絆」ということばが巷にあふれているが、「何が絆だ!」と言いたくなる。
人を見れば泥棒と思え ということばが信憑性を帯びる。

さらに「規制緩和」・「民営化」・「公共予算の削減」を三本柱として、新自由主義、市場原理主義を唱えるグループは
世界を股にかけて跋扈する。
ショック・ドクトリン――惨事便乗型資本主義の正体を暴く という一冊400ページにもなる上・下巻を読むと、
天災、人災、事件、事故、そして戦争という惨事を利用して懐を肥やす一群の存在にも気づかされる。
読破するには、相当骨が折れるが是非一読をお薦めしたい。

大物(国家や組織・企業)から小物(嘘つき、詐欺師)に至るまで、「お天道様が見ているぞ」という法理に気づかせる方法はないものだろうか。
人の優しさや思いやり、相互扶助といった美徳を信じて生活をしたいものだと思う。


ショック・ドクトリン〈上〉――惨事便乗型資本主義の正体を暴く
岩波書店
ナオミ・クライン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ショック・ドクトリン〈上〉――惨事便乗型資本主義の正体を暴く の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック