しばられ地蔵様のご利益にあやかろうと南蔵院を訪れた

朝、カーテンを開けると昨夜来の雨も上がって晴天が広がっていた。 洗面、体重・血圧測定と毎朝のroutineを終え、コーヒーを飲みながら朝刊に目を通す。 相変わらずCOVID-19の感染拡大関連記事などが並ぶ。 4月は今日で終わり。今年も三分の一が過ぎ去ろうとしていることに気づいた。 老若男女を問わず『コロナ禍』の影響を被り、躁鬱…
コメント:0

続きを読むread more

今日が最後ですよ

明日(4月25日)から5月11日まで緊急事態宣言が発令される。 酒を提供する店舗は休業、酒を出さない飲食店は午後8時までの営業時間短縮が求められる。 アルコールを飲みながらの食事が許されるのは、今日がラストチャンスということとなる。 GW中も(酒を伴う)外食ができなくなるという現実に対して意図的に抗うというわけではないが、ずっと守…
コメント:0

続きを読むread more

蔓延防止等重点措置下の東京

近鉄志摩線賢島駅から徒歩数分の地にあった志摩マリンランドが去る3月末で閉園となった。 同園は「マンボウの泳ぐ水族館」として知られていた。 日本で初めてニシキアナゴの生態を確認し、和名の命名に携わった場所としても有名だった。 海女による餌づけ実演やペンギンに触れることのできる催しなどでも人気を博していた。 同園のエントランスには、…
コメント:0

続きを読むread more

やはり音楽は必需品。ジャンルに関係なく愉しいものだと実感した。

人物A:生年月日 1926年5月26日 逝去年月日 1991年 9月28日 人物B:生年月日 1924年10月9日 逝去年月日 1991年10月22日 この二人はほぼ同年代であり確かな足跡を残し、同じ年にこの世を去った。 人物Aとは、いわゆるジャズの巨人の一人であり、日本においては「モダンジャズの帝王」と呼ぶファンや評論家…
コメント:0

続きを読むread more

啓蟄だというのに緊急事態宣言は再延長

昨日(3月5日)は啓蟄だった。 「啓」はひらく、「蟄」は土の中で冬ごもりをしている虫のこと。蟄虫戸を啓く(すごもりの虫、戸をひらく)とされるが、大方の予想通り『緊急事態宣言』は1月17日に11都府県に発令を決定した後、3月21日まで再延長されることとなった。 しかし、2週間の延長期間に関して、科学的(=統計学的、疫学的)な根拠が明確…
コメント:0

続きを読むread more

今日でなければならないのです!

それ以前のものからこのブログを新たに開設したのが2010年3月13日のことだった。 間もなく満11年目を迎えることになる。 この間、書き連ねた駄文の数はゆうに2000を超える。 「継続は力なり」とはいうものの、文字通り「徒然なるままに」その時々の雑感を書き留めたに過ぎない。 読み返してみると「自分史」もどきであったり、「現代史」…
コメント:0

続きを読むread more

半藤一利氏逝く

「昭和の語り部」こと半藤一利氏が逝去された。 氏の代表作とされる『日本の一番長い日 運命の八月十五日』や『ノモンハン事件』を読み、新たな視点で歴史を見ることを学んだ。 殊に戦後の残像がまだ日常生活の中にあった時代に生まれ育った私としては、氏の著作や講演・対談などから多くのことを知ることができた。 「歴史探偵」と自ら称されたその…
コメント:0

続きを読むread more