アクセスカウンタ

JO談   

プロフィール

ブログ名
JO談   
ブログ紹介
日々の生活の中で感じたこと、考えたことを自由に書きとめておきたいと思います。
今年(平成17年=2005年)の年賀状の一葉に「時代がどんどん変化して行きます。どうぞ次代をよろしくお願いします。」というものがありました。
年配の方の言葉だけに、『しっかりしなければ』と身の引き締まる思いでした。
と、同時に私の同級生でも、おじいさんやおばあさんになってしまった人が出始めました。
子や孫、まさに次の世代に何か一つでもメッセージを残すことが大切だと思うにいたりました。
そんな言葉のひとつでも、ここに書き込むことができれば幸いです。
Eメール:jo7◆msj.biglobe.ne.jp
          ◆を@にして送信してください。
(賀来城太郎)

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
養生訓再考
養生訓再考 雪国、北野地方の方には嗤われてしまうかもしれないが、東京も寒い! 北風にあおられると体感温度はぐんと冷える。 素肌に冷気が差し込んでくる。 寒いというよりは痛いという表現の方が適切かもしれない。 かつて私はレイノー者に記したようにこの季節は私にとって鬼門である。 上記の記事をアップしたのがちょうど8年前の今日のことだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/01/14 22:30
探し物に費やす時間がなくなったら、どんなに幸せなことだろう
探し物に費やす時間がなくなったら、どんなに幸せなことだろう 中公文庫に 『考えるマナー』 というタイトルの一冊がある。 そこにノンフィクション作家の橋秀実氏が 探し物のマナーというエッセーを寄稿している。 一部を引用してみよう。 単なる整理下手だといわれればそれまでのことだが、私は毎日、ほとんど日課のように探し物をしている。 出かけるときは携帯電話を探す。車を運転する際には眼鏡を探す。これらは探し物としては軽い部類で、厄介なのは原稿を書くために必要な資料、例えば新聞記事の切り抜きや本である。 私も加齢のせいか、探し物をする機会が増えているよう... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/12/24 23:37
でんしゃごっご の様子がかわってしまうのかな
某月某日。 孫が遊びに来た。 フラフープを使って「でんしゃごっご」をした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/12/24 22:41
都心のショーウインドウに映った私の姿
都心のショーウインドウに映った私の姿 去る11月28日に逝去したコラムニスト勝谷誠彦氏が今日(12月24日=クリスマス・イブ)のことを「耶蘇生誕前夜祭」と語っていたことを思い出す。 辛口コラムニストとしての本領発揮といったところだろうか。 今年は街中のイルミネーションに加え韓国による火器管制レーダー(射撃管制用レーダー)まで加わり、何やら キナ臭い雰囲気が漂っている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/12/24 21:54
師走来たる
師走来たる あっという間にカレンダーもあと1枚をのこすだけとなった。 下は東京メトロ千代田線の「暦の駅」としても知られている新御茶ノ水駅構内の写真である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/12/01 17:09
前田憲男氏逝く
前田憲男氏逝く Jazz界のマエストロである前田憲男氏が逝去された。  日本を代表するジャズピアニストで作・編曲家の前田憲男(まえだ・のりお、本名・前田暢人=まえだ・のぶひと)さんが25日、肺炎のため死去した。83歳だった。通夜は12月4日午後6時、葬儀・告別式は同5日午前11時、東京都港区南青山2の33の20、青山葬儀所で。喪主は長男、憲一郎(けんいちろう)さん。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2018/11/28 11:55
ショックなはがきを受け取った
ショックなはがきを受け取った 新年の挨拶を欠くことを伝える通知である喪中はがきが先週あたりから届くようになった。 昨日まででもうすでに5通を数えた。 どのお知らせも友人の祖父母や親であったりして、それぞれの享年をみて「大往生」だなとか「少し早いのでは・・・」などとつぶやいたりしていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/11/19 23:22

続きを見る

トップへ

月別リンク

JO談   /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる