JO談   

アクセスカウンタ

zoom RSS 重陽の節句に嬉しい記録が生まれた

<<   作成日時 : 2017/09/10 11:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

このブログにおいて重陽の節句について記したことがある。
この<おめでたい日>に、待ち望んでいた「大記録」が生まれた。
眉を顰めるニュースが多い中、久々の嬉しいニュースである。
10日の新聞各紙はそろって一面トップで扱っていた。
以下、スポニチ電子版の記事を掲載する。
桐生 ついに出た日本人初9秒台!世陸落選の男が歴史的快挙
陸上・日本学生対校選手権第2日 ( 2017年9月9日 福井県営陸上競技場 )
男子100メートル決勝に出場した桐生祥秀(21=東洋大)が日本人初の10秒台の壁を破り、9秒98(追い風1・8メートル)をマークした。京都・洛南高3年で出した10秒01の自己記録を更新。1998年に伊東浩司が出した10秒00の日本記録を19年ぶりに塗り替えた。2020年東京五輪を前にして、日本スプリント界が新たなステージへ突入した。(以下略)


朝日新聞・天声人語は次のような書き出しで始まっていた。
陸上男子100メートルで10秒の壁を破った東洋大の桐生祥秀さん(21)は、子どもの頃から俊足で鳴らした。付いたあだ名は「ジェット桐生」。桐生と気流をかけた愛称だ

爽やかで前向きで夢を感じさせてくれる 「ジェット桐生」 というこのことばは久々のヒット作といえるだろう。

生活費ならぬ政活費(政務活動費)、一線をこえた、男女の仲、制裁決議、EMP(電磁パルス攻撃)などというものとは雲泥の差がある。

ついでにYahoo Newsからも引用しておこう。
 4年前、京都・洛南高3年の桐生が10秒01をマークしてから、期待が高まっていた9秒台がついに実現した。国際陸上競技連盟のホームページによると、世界歴代99位となる桐生の記録は、世界的に見てもごくまれなケースといえる。

9月9日の重陽の節句に99位の記録を樹立。
単なる偶然であったとしても、大いに期待を抱かせてくれる(東京オリンピックで金メダル)、数字のマジックである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
重陽の節句に嬉しい記録が生まれた JO談   /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる